Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2020-09-29 2020年 11月 1週次 365qt 163
申命記 27:1~10
みことばを守る特権
『日ごとに湧く泉』でQTをする人と対話をしてみると、決断と適用を書くことは簡単ではないという感想を良く耳にします。聖書の通読も簡単なことではありませんが、みことばを通して具体的な人生の変化まで決断せよというのですから、難しいと感じるのも無理はありません。しかし神様のみことばを黙想し、守って行くことは、神様がご自分の民に与えられた特権です。神の民はこの特権を、完全な状態で味わうことにより、神様の御思いに一層合致した人生を生きて行くことができます。今日の本文を通して、なぜ神様が民にみことばを必ず守り、行う人生を願われたのか考えてみたいと思います。

1. モーセとイスラエルの長老たちは、民にヨルダン川を渡った後、何を行うようにと命じましたか(1~3節)。大きな石に石灰を塗り、律法を記録することはどんな意味がありますか。
- モーセとイスラエルの長老たちは民に向かって命令をみな守ることを要求した。この後、ヨルダン川を渡ってカナンに入った後には、大きな石を立てて石灰を塗り、律法のすべてのみことばその上に記録するように命じた。  
-大きな石を立てて石灰を塗るということは、白くなった石に字を刻んだという意味で、地が鮮明に見えることを意味するものだ。ここで神様がくれた律法のすべてのみことばを完全に記録して、すべての人が律法のみことばを完全に確認することができるようにしようという意味で、このように命じられたのである。


2. モーセはどのような材料で祭壇を築くように命じましたか(6節)。なぜ自然のままの石で祭壇をつくらなければならなかったのでしょうか。
-モーセは主のために祭壇を築きくとき、自然のままの石で祭壇をつくらなければならないと言った 。
-自然のままの石で作ることを要求した理由は、イスラエルの民が祭壇をつくる時、職人たちの技術に頼ってはならないことを強調するためか、あるいは、道具を用いると主にささげる祭壇が汚れるためだったと思われる。

3.モーセはイスラエルの長老たちはなぜ律法のすべてのみことばを石の上に正確にはっきりと書き記すように強調したのでしょうか(8節)。
- 律法のすべてのみことばを石の上にはっきりと書き記せという意味は、それほどまでに慎重に神様のみことばを刻んでおかなければならないという意味である。これは神様のみことばに対する態度が軽い者であってはならないという意味で、みことばのひとつひとつがみな重要であるということを意味する表現である。


4. モーセとレビ人の祭司たちはイスラエルに向けてカナンの地でどのような態度で生きるように命じましたか(9~10節)。「あなたの神、主の民」にこめられている意味は何でしょう。民はなぜ命令とおきてを行わなければならないのでしょうか。
- イスラエルに対して静まって聞くように言われた。そして主なる神様の民になったのだから、神様のみことばに聞き従わなければならないと言われた。また主が今日あなたに命じる命令とおきてを行わなければならないと命じられた。
- 主なる神様の民という言葉は、基本的にイスラエルの民が持つべきアイデンティティを意味している。彼らは神様を統治者としている民であるので、統治者の命令には絶対的に従わなければならない。だから命令とおきてを守ることは難しい事ではなく、当然 しなければならない領域の事であり、このことを通して民は主なる神様の統治の下で喜び楽しみながら生きるべきなのである。
5.主なる神様の民は、神様が下さったみことばをはっきりと正確に守って行わなければなりません。あなたはそれができていますか。
6.神の民として、神様のみことばを完全に守るにあたって困難があるとすればその理由は何でしょう。それを克服するため何をするべきなのかともに分かち合いましょう。


モーセは民に向かって神様が下さった地にむかってヨルダン川を渡ったあと、一番先に律法のすべてのみことばを記録するようにと教えました。これは神の民であるイスラエルを律法のみことばで統治すようとする神様の確かな意志が見られるものです。また自然のままの石で主の祭壇を築き、いけにえをささげるようにし、このことを通して主なる神様を恐れることがどんなことよりも重要であるということを知らせています。イスラエルがみことばを石に刻む作業をするように、みことばを自分の人生に刻むことは、非常に重要なことです。静かにに立って、神様のみことばに聞き従い、命令のすべてのことを守り行うことは、神様の民が味わうことのできる特権であるということを悟る一週間になりますように。

目録