Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2020-07-14 2020年 9月 1週次 365qt 165
コリント人への手紙第一 9:19~27
福音宣教のための生活の態度

福音宣教はイエス様がクリスチャンたちに与えられた使命です。ですからクリスチャンは福音宣教の使命を重みを持って受け止め、このことのためにどのような生活をしなければならないか、よく悩み、考えなければなりません。しかし今日、クリスチャンは聖徒間の交わりには積極的な態度が見えますが、福音を伝えることにおいては消極的な態度が見られる場合が多いです。今日の本文に登場するパウロは、福音宣教のために、ほかの人とは違った態度と姿勢を持つことを強調しています。パウロが宣言するメッセージを通して、私たちは福音宣教のためどんなふうに生きるべきか、共に考えてみましょう。


1. パウロは自分が自由を放棄してしもべとなった理由について何と言っていますか(19節)。パウロはなぜしもべになってまでこのような人生を生きると宣言したのでしょうか。
- パウロはもっと多くの人を得ようとして自分の自由を節制し、自らすべての人の奴隷になろうとした。
- パウロは福音宣教のためであれば、自分がどんな姿を見せるかということは重要としなかった。特にすべての人の奴隷になったという表現は、可能な限り多くの人に福音を伝えようとして最も低い姿勢を取ってまでもこれを行おうという意思から出たものである。
2. パウロはユダヤ人、律法の下にいる者、律法の無い者、そして弱い者たちにそれぞれどんな姿でアプローチしましたか。そのようにした理由は何ですか(20~22節)。
- パウロはユダヤ人にはユダヤ人のように、律法の下にある人たちには律法の下にある者のようになり、律法を持たない人たちには律法を持たない者のようになり、弱い人たちには弱い者になってアプローチした。パウロはただ彼らを得るために、最大限彼らが持った背景や環境に自分を合わせる努力をしても、多くの人を得ようとこのような姿で行ったのである。

3. パウロは福音のためにどのように行うと言いましたか(23節) 。パウロはこのことを説明するために何をたとえとして挙げましたか。この例えを通して言いたかったことは何でしょう(24~26節)。
- パウロは福音の恵みをともに受ける者となるためにあらゆることをしていると言った。パウロはこのことを説明するために、競技場で走る人の例を挙げた。運動選手のたとえを通して パウロが語ろうとしていたことは、どんな局面であったとしても、可能な限り多くの人に福音についての信仰を持たせるようにする意味が込められている。
4. パウロが自分の体を打ちたたいて服従しながらも、自分が失格者にならないようにと恐れていたのはなぜでしょう(27節)。
- パウロは運動選手が勝利を目標にして走って行くように、パウロも福音の進歩のために肉体的、情緒的な困難に耐ながら集中していることを告白している。しかしもし万が一にでもこのような状況で、分からなくてした自分の行動が報酬を受ける資格を喪失することもありうるという気がしたので、パウロは物質的支援を受ける権利も放棄し福音宣教のために精進した。  

5. パウロは一人の魂でも助けるため、自分の権利までも放棄し、福音宣教に集中します。あなたはパウロのような姿で福音宣教の使命を果たすため最善を尽くしていますか。
6.福音宣教の使命を完全に果たすため、変えなければならない生活態度は何でしょう。このことのためにどんな努力をするべきかともに考えてみましょう。




福音宣教のためには必ず相手の状況と環境を理解しなければなりません。パウロがユダヤ人にはユダヤ人のように、弱い人には弱い者のようにしたことは、対象者の状況を理解して配慮することが福音宣教の重要な要素であるからです。それだけでなく福音のため節制し、自分の体を打ちたたいても従わせなければらないことが、福音宣教のために生きる者たちの姿です。福音宣教をしながら自分の自由と権利をみな楽しむのは不可能なことです自分を節制し、生活における不便があってもそれを耐え忍んでも、ひとりのたましいが救われるように努力することがクリスチャンが取るべき生活態度です。ひとりのたましいを助けることはこの世のどんなものとも変えられない価値のあることであることを覚えましょう。

目録