Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2020-01-29 2020年 2月号 2週次 365qt 24
2
ヨハネの福音書 2:1~12
婚礼の宴会に喜びがあふれるようになるために
過去のイスラエルの婚礼の風習は、良心が仲を取り持ち、会堂で誓約し、結納の品を交わし、新郎と新婦は各自の家に帰って、大体二か月から一年を婚約機関として過ごしました。この後新郎が新婦を家に連れて来て、7日間、家族と地人たちを招待し、宴会を開きます。この婚礼の風習をカナの婚礼に適用するなら、その日は、その家族と共同体にとって非常に重要な日であったと思われます。ヨハネはこのような重要な宴会をぶち壊しにする可能性のあった原因について記録しこれを解決されたイエス様が、いったい誰なのかを正確に見せています。みことばを通して、ヨハネが言おうとしていたことは何であるのか、共に調べてみましょう。

1.イエス様がガリラヤのカナに足を踏み入れられた理由は何ですか(1~2節)。
-イエス様はナタナエルに会った後、三日目になった日にカナに行かれた。ガリラヤのカナで婚礼が開かれており、弟子たちとともにその婚礼に招待されていたからだ。
2.イエス様が出席された婚礼の宴会でどのような問題が起きましたか。イエス様は母、マリヤの頼みにどのように答えられましたか。そのことばにこめられた意味は何でしょうか(3~4節)。
-婚礼の宴会にぶどう酒がなくなった。イエス様の母はこのことを聞いて、イエス様にぶどう酒がなくなったことを伝えたが、イエス様は、母のことばに自分と何の関係がありますかと答えられ、自分の時はまだ来ていないと言われた。ここで自分の時はまだ来ていないと言われたことばは、自分が神の子であり、神であるという事実を知らせる時ではないと言うことを意味している。
3.イエス様のこの反応にも関わらず、母マリヤは手伝いの者たちに何を支持していますか。イエス様は手伝いの者たちにどのように命じられましたか。手伝いの者たちはそれにどう答えましたか(5~8節)。当時のイスラエルの婚礼において、ぶどう酒がなくなったということはどんな意味になりますか(参照 イザ 25:6)。
-イエス様の母は、手伝いの人たちに、イエス様がどのようなことばを言われたとしてもその通りにしてくださいと言った。
-この後イエス様は、手伝いの人達に、石の水がめ六つに水を縁までいっぱいに満たすように言われた。ここにあった石の水がめ六つの量は、約600リットルほどになる程度で、3000名が一杯ずつ飲むことのできる莫大な量であった。手伝いの者たちが、水がめに水を一杯にするとイエス様は宴会の世話役のところに持って行くようにと言った。手伝いの人達はイエス様のおことば通りに従い、水を満たしていっぱいになった水を宴会の世話役の所に持って行った。



- イスラエルで祭りや婚礼を開くとき、ぶどう酒は宴会の席になくてはならないものであった(참고 イザ 25:6)。ぶどう酒がなくなるということは、ものすごい失礼に当たることであった。名誉や恥を重要視するイスラエルの文化で、宴会を準備した家が恥をかくことになり、受ける辱めなどは想像を超えるものとなった。

4.宴会の世話役は水になったぶどう酒を味わってみてどんな反応を見せましたか(9~10節)。そしてイエス様が水をぶどう酒に変えて、宴会が滞りなく続けられるようにされたのはどうしてでしょうか。
- 手伝いの人達がくんできた水からできたぶどう酒を味わった世話役は、「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、人々が十分飲んだころになると、悪いのを出すものだが、あなたは良いぶどう酒をよくも今まで取っておきました」と褒めた。おそらくこの当時、ほとんどの人達は宴会に行くと、初めには良いぶどう酒を出し、客たちが酔って味が分からなくなってくると安いぶどう酒を出すケースが多かったのだろうが、この家は、後に良いぶどう酒を持って来たので、世話役は新郎をほめている。
-旧約で、ぶどう酒は「喜び」を意味する。詩篇104:15を見ると、「人の心を喜ばせるぶどう酒」と言っている。婚礼の宴会にぶどう酒がなくなったことによって、宴会に出席している人たちが宴会で分かち合うことのできる喜びが皆失われてしまう危機に瀕していた。イエス様はこのことで宴会が中断されてしまうことは望まれなかった。イエス様は水でぶどう酒を作る奇跡を通して、婚礼に出席していたすべての人達が、宴会の喜びを楽しみ続けられるようにされた。イエス様が水でぶどう酒を作られたのは、彼らが満たすことのできない喜びと満足を満たすメシヤの働きを見せられたことと通じる。

5.イエスは婚礼の宴会に喜びがいっぱいになるようにされました。このようにイエス様は、自分の人生に本当の喜びを与え、希望になられるお方である。あなたは人生において問題が発生しても、イエス様にすべての問題を知らせていますか。喜びが失われないように努力をしていますか。
6.あなたと一緒にいるイエス様を黙想すると、人生に喜びが充満します。あなたの人生の中に、この喜びを楽しむことができないようにする要因や問題があるならそれは何でしょう。このことを解決するために何を決断すればいいでしょうか。
カナの婚礼の宴会の家はぶどう酒がなくなるという危機的状況に陥りました。ぶどう酒がなくなれば興ざめし、客たちは不満に思い、婚礼の宴会を準備した人たちは人から指さされ、恥をかくことになります。その時イエス様が水をぶどう酒に変えるという奇跡を通して、恥の席を喜びの席へと変えてくださいました。私たちが生きているこの世も、ぶどう酒がなくなった宴会の家と同じような者です。うわべには楽しそうに見えていてもこの地で楽しむことのできる喜びは、真の喜びではないからです。ただイエス様の御前に出るときだけ真の喜びと満足を経験できるのです。この一週間も暗澹たる状況になったとしても、落胆せず、主の前に進み出て本当の喜びと平安を楽しむことができるよう願います。

目録