Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2018-10-29 2018年 11月号 3週次 365qt 36
レビ記 27:1~8
約束は自ら進んで守る


心の奥底からした約束であれば、どんな状況でも守ろうと努力をするものです。しかし現実には、心のともなわないお世辞程度の約束がより多くあります。これは神様との関係でも同じです。真実なる神様は私たちとの約束を日々守ってくださいますが、私たちはそのようにできないことが多くあるのです。このような現実的な約束から離れるためには、約束を守るための具体的な計画と努力が必要です。ならば、神様が私たちに願われる姿とはどんなものでしょう。本文を通して、本当に何かを願うとき、私たちがとるべき態度は何かともに考えてみましょう。

1.神様はモーセに何を命じられましたか。本文に提示されている「誓願を立てる」の意味は何でしょうか(2節、参照/申23:23)。
- 神様は、人が神様に人の値をささげることをはっきりと誓願したのなら、その具体的な値を決めるように言われた。
-誓願をするということは、義務ではなく、人が自ら願って神様に約束すると言う意味だ。

2. 誓願者が神様にささげる人の値はどのように策定されますか。基準に対する例外はどのように設定されていますか(3~8節)。神様がこのように決められた理由は何でしょう。
- 神様にささげる人の値は、性別と年齢を基準にして決められた。その基準の例外状況は、誓願した人が貧しい場合だった。貧しいひとは、経済的な境遇によって別途値が定められた。
-
-次のようないろいろな意味に解釈することができる。各自の状況を分かち合わせる。イスラエルの老若男女貧富貴賎、だれでも誓願のささげ物をささげることができたので、非常に普遍的なささげ物であった。それほど神様はいろいろな人々が自ら進んでささげる心を喜ばれたと見ることができる。
また他の意見としては、神様が、それぞれの境遇に合わせてくださった。互いに違った境遇の人達の中で、特定の階層のひとに過度の負担が行かないようにするために、人の年齢と聖別、経済的状況に会わせてささげ物をささげることができるようにされた。


3.誓願のささげものをささげることを決心するなら、どのようにしなければなりませんか。神様が人の誓願に対し、具体的な基準を置かれた理由は何でしょう(参照/民 30:2、申23:21~22)。
-自ら進んでささげるささげ物については、初めから誓願しないことは罪とはならないが、一度誓願をしたなら、ささげ物についての決心はすべて履行しなければならない。遅れてもいけなかった。
-神様が人の誓願に具体的な基準を立てられた理由は、具体的な計画を立て、履行する約束のように、神様の約束を具体化し、実践せよという意味だ。


4.誓願のささげ物についての規定を与える前に、神様が民と結んだ契約を破らず、記憶すると言われたみことばを先に与えられたことを見て、どう思いますか(参照/レビ26:44~45)。
-各自の思ったことを分かち合おう。誓願のささげ物に対する決まりがあるレビ記26章では、神様がイスラエルの民に対する契約をみな覚え、守ると強調されている。
―民に対する約束を信じるに守られる神様は、民もまた神様に対してした約束を真実に守ることを求めておられる。しかし機械的に要求されるのではなく、その境遇と状況を考慮してくださるお方である。


5.自分の持っているすべてのものについて、神様に感謝する心で自ら進んでささげていますか。
6.真実なる神様との約束を、自ら進んでささげる心で、完全に守るために、自分の中に決断すべき部分はありますか。
 
どんなことをするとしても、したいことと、したくないことには、計画の段階から差が出てきます。喜びをもって自ら願ってする場合には、あらかじめ、時間と場所、環境をしらべて色々な計画を立てますが、いやいやながらする場合には、そうでないことが多いです。神様に仕えることも同じです。もし神様に自らささげるこころで献身することを願うなら、まず自分の中に具体的な計画や決断が伴っているか、確認してみなければなりません。はっきりとしている事実は、神様が私たちの願いにともなっておられ、私たちが立てた計画のなかに介入され、このことを必ず守り行って行けるように導かれるということです。いつも、その時その場に合わせた恵みで満たしてくださる神様の前に、備えられた姿で出て行けますように。

目録