Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2018-08-31 2018年 9月号 2週次 365qt 14
レビ記 11:29~38
価値判断の分かれ道で
価値判断の分かれ道に立った時、大体人々が選択する基準は自分にとっての損得です。経済的な利益があるか、または損失があるかによって判断が分かれるのです。損害があると分かっているのにそれを選ばなければならないとしたら、深く悩みに陥るのが普通です。クリスチャンであれば神様のみこころを前にして、価値判断の分かれ道に立つとき、もっと深く悩むことでしょう。本文で提示されている神様の基準を通して、自分だったらこのような状況でどんな決断をするか、ともに考えてみましょう。

1.地に這っている動物の死体が器、衣服、皮、袋などに落ちた場合はどんな結果になりますか。どのようにそれを処理すべきでしょうか(32節)。
- 地に這う動物が気の器、衣服、皮、袋などの器に落ちた場合にはそれは汚れるので、水の中に入れなければならない。

2.地に這う動物の死体が、土の器や、またはどんなものでも、その上に落ちた場合にはどう処理すべきでしょうか(33、 35節)。
- 死体が土の器に落ちたなら、その中にあるものはすべて汚れ、その器は砕かなければならない。もののうえに落ちた場合には、かまどでも炉でも、割らなければならない。

3.土の器とものが死体に触れて汚れたとき、それを砕く理由は何でしょうか。
-正確な理由は知ることが難しいが、一般的に、土の器に汚れたものが触れた場合には洗い落とすことはむずかしいが、木の器の場合には、汚れが表面にだけ残っているので、洗うことが可能だと説明される。しかしパレスチナでは上薬を塗って土の器を作るので、このような説明は説得力がない。土の器の場合、日常的に、主に料理に使われるので、食べ物は人の体の中に入るので、これを盛る器が汚れていることはもっと重要な問題としてとらえられたので取り扱いに違いがあるのかもしれない。



4.神様が経済的損失があっても、汚れを取り除くように命じられたのはなぜでしょう。
- それぞれの考えを分かち合おう。神様は損害を受けても、汚れることを望まず定めをしっかりと守ることを望まれた。もし汚れを解決するためのこのように強い要求をしなかったならばたくさんの人達がこのことを大事な問題として受け止めなかっただろう。神様のみこころは、きよめられるために損害をたとえ受けても、しっかりと守らなければならないことを改めて確認させる。


5.経済的損失があっても、神様が求められる聖さを守るため最善を尽くして努力をしていますか。
6.自分の中に解決するべき汚れに関する問題があるなら、それが何か考えてみましょう。このことをのためにどんな決断をするか正直に分かち合ってみましょう。

クリスチャンにとって価値判断の最も重要な基準は神様のみこころです。その中でも神様が求められる聖潔は、神様が人に対して決して諦めない重要なポイントです。完全な生き方を願われる神様は、人間に聖潔を求められます。損害が伴うとしても必ず到達しなければならない基準なのです。パウロは使徒として「キリストの満ち満ちた身丈にまで達する」ことを主張しました。このみことばを前に、例外となる人はいません。聖潔を求められる神様の前で、あなたはどのような選択をしますか。信仰の容量をもっと大きくし、世の判断基準を遠ざけ、ただひたすらに聖められていくイエス様の弟子となるために、主のみこころに従順に従いながら生きることができますように。

目録