Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2018-04-30 2018年 5月号 2週次 365qt 96

遣わされた弟子たち
ルカの福音書 10:1~20

<心の扉を開いて>
主は福音を伝えるために、十二弟子だけでなく、70人の弟子にも同じ使命
を与えられました。私たちは神の国の拡大のために、弱い人たちを立てて、
ともに働かれる主の方法を知らなければなりません。主は私たちにも、教会
と共同体を通して主の働きをゆだねてくださり、私たちが主の力によってそ
の働きをしっかりと果たすことを願っておられます。しかし、 私たちの姿
は狼の中に震えている子羊のように、危ういものに見えることが間々ありま
す。こうしたことを克服するために主が与えられたみことばが何か、調べて
みましょう。

<みことばの種をまいて>

1. イエス様が70人の弟子たちを遣わした町や村はどのような単語で描写され
ていますか。イエス様が彼らを「先にお遣わしになった」という言葉は、
どういう意味でしょうか(1節)。

-イエス様が弟子たちを遣わされた町や村は、「ご自分が行くつもり」の「すべての」町や村であると書かれている(1절)。
-弟子たちがイエス様より「先に」行ったということは、イエス様がご自分が行こうとしていた町々や村々に弟子たちをまず先に行かせて役割を果たすようにされたことを意味している



2. 弟子たちが「先に」遣わされたのは、当時がどのような状況だったからで
しょうか(2節、参照/ 9:51)。

-イエス様がそれぞれの村に直接行こうとされたが、イエス様が天に昇られる時間はだんだんと近づいていた(ルカ 9:51)。弟子たちを先に遣わされ「実りは多いが、働き手が少ない」(2절)と言われたイエス様のみことばから、収穫のような絶対的な時間制限があるのに、時間と働き手が両方不足しているので、だれでも先に行って、少しでも働かなければならない状況であったことを知ることができる。

3. イエス様は遣わされた弟子たちの状況はどのようであると言われました
か。このように弱い状態の弟子たちを遣わさなければならなかったのはな
ぜでしょう(3, 5節、参照/エペ 6:15)。


-遣わされた弟子たちの状況について、狼の中にいく子羊のようだと言われた(3절)。
-イエス様は弟子たちが弱さのある状態で遣わされることが分かっておられたが、むしろ弱い立場の弟子たちが、各地域で平安を与える逆説的な役割を果たすのを願われた(5절)。昇天されるときが近づいているのに、依然としていくべき場所が多くある状況で、イエス様は最大限、多くの場所に弱い者たちがむしろ平安の福音を伝える奇跡を見せることを願われたのである(エペ 6:15 ).



4. 遣わされた弟子たちはどのような力を得ましたか。弱い弟子たちに、ご自
身に代わる権力を与えられたイエス様の姿になにを感じますか(16節)

- 遣わされた弟子たちは、「あなたがたに耳を傾ける者は、わたしに耳を傾ける者であり、あなたがたを拒む者は、わたしを拒む者です」と言われた。イエス様に対する態度と弟子たちに対する態度は同等のものとみなすという力をいただいた。彼らはイエス様を代理する力を授けられた。このことだけでも彼らにとっては栄光だった。
-自分ひとりだけで働きを担われるよりも、ともに力を合わせて働こうとされた主の姿を考えてみた。主は終わりの時が近づき、もっと多くの人に近づこうとされ、ご自分の力を弟子たちに分け与え、福音を知らない人たちに対して足を進められた。



5. 私たちは弱く足りない者だが、主が与えられた権威と力を通して使命を担
う力を得ます。使命をいただいた者として生きるため、どのような努力を
していますか。
6. イエス様は弱い私たちを用い、平安の福音を伝えたいと願われました。主
のみこころを立て働くために実践できることは何か考えてみましょう。


<人生の実を刈り取って>
イエス様の昇天の時が近づいていましたが、神の国の福音を伝えなけれ
ばならない地域はまだ多く残っていました。それでイエス様は「狼の中
に小羊を送り出すようなもの」と表現された弱い弟子たちまで用い、と
もにこの働きを担おうとされました。私たちの姿も弟子たちと非常によ
く似ています。私たちは主からいただいた権力とちからを信じるより、
自分に与えられている働きに圧倒され、疲れて倒れてしまうときがよく
あります。しかしイエス様が私たちに使命を与えられた理由は、私たち
に力があるからではありません。イエス様が遣わされた70人の弟子たち
も主が与えた力で使命を果たしたので、働きを全うし、喜んで帰ってく
ることができました。働きの現場がつらく、疲れさせるものであって
も、私たちを遣わされたイエス様の力に励まされ、喜んで働けますよう
に。



目録