Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2018-03-26 2018年 4月号 2週次.... 365qt 135
あなたの使命は何ですか
ルカの福音書 4:42~5:11

<心の扉を開いて>
人には、各自自分が担わなければならない使命というものがあります。親に
は子どもを養育しなければならない使命、軍人には国を守る使命、医師には
患者を治療する使命があります。このように自分の置かれた場所で与えられ
た使命を完全に担うとき、個人と家庭国家が正常に機能し、追及する方向を
しっかりと守っていくことができます。クリスチャンである私たちは、世で
の使命だけでなく、イエス様が命じられた使命を受け取った者たちです。主
が自分に与えられた使命は何か、それをしっかりと守っていくために自分が
とるべき態度は何か調べてみましょう。


<みことばの種をまいて>
1. イエス様は、群衆がイエス様が自分たちから離れて行かないように引き留
めようとすると、なんと言われましたか(4:43)。

- イエス様はほかの町にも神様の福音を伝えなければならないと言われた。ご自分はこのことのために遣わされたと言われた。

2. イエス様がシモンの舟に乗られる前に、漁師たちは何をしていましたか。
舟に乗られたイエス様が行ったことは何ですか。シモンはどのように反応
しましたか(5:2~5)。
-漁師たちは網を洗っていた。
-シモンの舟に乗られると、陸地から舟を少し漕ぎ出して座り、群衆に対して教えられた。そのあとシモンに、深みに漕ぎ出して網をおろして魚をとるように命じられた。
-シモンは夜通し働いたけれども何も取れなかったが、みことばにたよって網をおろしてみようと言った。


3. 指紋が網をおろした結果はどうでしたか。イエスがこのような結果をシモ
ンに見せてくださったのはなぜでしょうか(5:6~7)。
- シモンが網をおろすと、網が破れそうになり、シモンはほかの舟にいた仲間の者たちの助けを借りて引き上げた。彼らが来て網をあげると二そうの舟にいっぱいになった。舟が沈みそうになるほどであった。
-イエス様は奇跡を通して、湖とその中にあるすべてのものを治める方がご自分であるということを見せようとされた。


4. 奇跡を体験したシモンがイエス様に告白した内容は何でしたか。イエス様
はシモンの告白に対してどのように語られましたか(5:8~10)。罪人であ
ることを告白したシモンに、イエス様が使命を与えられましたが、これは
どうしてでしょうか。

-シモンはイエス様を主と呼び、自分が罪人であるから、自分から離れてくださいと言った。イエス様はこのようなシモンに、こわがらなくてもよいと言われた。これから後、あなたは「人間」をとるようになるのですと言われた。
- それぞれの考えを分かち合ってみよう。シモンはまだイエス様に対する深い理解をできてはいなかったが、少なくとも神様がイエス様を通して働いたという事実を知った。シモン自ら罪人であるという告白をし、それを通して自分は主と共にはいることができない者であると告白すると、主はむしろこのような彼に神の国の使命を与えられた。主は、自分の力を現わそうとする者ではなく、自分を否定する者を用いてくださる。そして主の使命を分かち合い、ともに働くことを願ってくださるのである。




5. 私たちは家庭と職場など生活の中で、イエス様が神様の御子であるという
事実を認めつつ、神様が与えてくださった使命をしっかりと果たすため
に、どのような準備をしていますか。
6. 主がくださる使命をしっかりと果たすため、あなたが決断しなければなら
ない部分があれば、それは何でしょうか。分かち合ってみましょう。


<人生の実を刈り取って>
イエス様は神の国の福音を伝えるための使命を受け取りました。また、
ご自分が神様から受け取られた使命をともに担う者たちをたてあげよう
とされました。同労者の地位、能力は人から評価されるに値しないもの
でしたが、イエス様は力を見せてくださり、この地上の使命をともに分
かち合われました。それでイエス様の弟子として召された者は、与えら
れた使命をしっかりと果たして行くときに、自分の能力でそれをするの
ではないということを知らなければなりません。天地万物を作り、地上
の被造物を治められる主が私とともにおられるということを知り、福音
の力だけを着て、召しに応答するとき、与えられた使命も完全に担って
いくことができるのです。恐れ、落胆、心配から脱して、ただ召しにす
ぐに反応し主が下さる使命をしっかり担うイエス様の弟子となりましょ
う。


目録