Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2017-11-03 2017年 11月号 1週次 365qt 139
1
みことばの上にたてる信仰
列王記第二 22:1~13


<心の扉を開いて>

ある教会の信徒たちが、教会が変えられなければならないと思う部分について討論をしていました。数名の信徒が意見を出しましたが、教会の運営やシステムなど外的な部分が主たる話題でした。もちろんこれらのことは教会を探している人にとって、よい印象を与えることのできる重要な問題です。しかし会議を終えるころになって、みなが、何かが足りないという感じがしたそうです。ならば彼らがこのような問題とともにもっとふかく議論するべき部分は何だったのでしょうか。教会の本当の改革と回復のために深く悩む部分は何か、ともに考えてみましょう。

<みことばの種をまいて>

1. ヨシヤは主なる神様に対する信仰を回復しようとした南ユダの王でした。ヨシヤはどのような命令をしましたか。この時彼は何歳でしたか(1、3、5節)。
- 主の宮を修理せよと命じた。
- ヨシヤは8歳で王となり即位して18年目に命令をくだしたので、26歳である。

2. 神殿を修理する過程においてどのような文書が見つかりましたか。ヨシヤはその内容を聞いて、どうしましたか(8、11、13節)。
- 律法の書を見つけた。
- ヨシヤは、律法の書のことばを聞いて自分の衣を裂いた。律法の書に書かれていたことを行わなかったので主の怒りが激しいと語り、そのみことばについて主にたずねるように命令した。


3. 主なる神様に仕える国で、律法の書が「見つけ」られました。王はその内容を知ることができないでいましたが、内容を聞いて、衣を引き裂きました。これはどうしてでしょうか(参照/2 3:4~7)。
- ムナセ王とアモン王は、偶像崇拝を行い神様から離れた。それはバアルやアシェラ、天の万象のための器物があっただけでなく、神殿男娼の家があったぐらい深刻なものだった。おそらくユダの人々は、律法の書自体の存在もわからず、昔そんな本があったらしいぐらいで実際に見た人はいなかっただろう。ヨシヤも幼くして王になり、26歳になるまで律法の内容を聞いたこともなく、それで律法の内容を聞いたときに心の衣を裂いたのだろう。

4. 神様が神殿を補修しようとしていたヨシヤに律法の書を発見させ、宗教改革を断行させた理由は何でしょうか。
- 律法を知る前のヨシヤは、神様に仕えるためにその宮を修理すればいいだろうと考えたはずだ。そんなヨシヤに神様は、必ず成就するだろうみことばの重要性を悟らせた。もしヨシヤが律法の内容を聞かなかったなら、偶像がそのままになっていた主の宮の建物だけをきれいにしただろう。神様は、汚らわしい偶像をとりのぞくことがどれだけ重要なことか見せてくださった。

5. 信徒と教会が健康を維持するためには、日々みことばの前にしっかりと立つことに集中しなければなりません。みことばで生活を正しくするためにどのような努力をしていますか。
6. 私たちが属する教会と共同体で崩れた部分や補修するべき部分が何か、考えてみましょう。みことばに根拠をおいて、正しく立つために私たちができることは何でしょう。

<人生の実を刈り取って>
ヨシヤはユダ王国の民が主なる神様に正しく仕えることを願いました。彼は神殿の補修工事を進行し、それは順調に進むように見えました。しかし神殿の建物を補修するということだけでユダの民が持っていた問題をすべて解決できるわけではありませんでした。神殿の修理はもちろん、神様との親しい関係を回復するためには、彼らは、律法の権威を正しく認めなければなりませんでした。これは今日、教会でも同じように適用されます。教会が教会としてしっかりと建てあげられていくために、何より私たちの中に神様のみことばがしっかりと根付いているかを点検しなければなりません。私たちの共同体も、みことばのうえに正しく立っているかを点検する時です。

目録