Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2016-10-04 2016年 10月号 4週次 365qt 68
天の御国の子らの生き方
천국의 아들들이 사는 법

時として私たちの信仰をあざ笑う人々に出会うことがあります。もちろん彼らが主に導かれることを願って祈らなければなりませんが、「神様はなぜ、ご自身の民をあざ笑う、傲慢な悪い者たちのひざをかがめさせないのだろうか」と考えてしまいます。教会は世に比べれば非常に弱く見え、特に注目すべきことがないように思うこともあります。事実これはイエス様が来られる前から神の民から離れなかった質問でもありました。イエス様はたとえを通して神様がなぜこのように世を治められるのか説明してくださっています。これを通して私たちが経験している霊的な葛藤がどのような価値を持つものなのかを知る時間を持ちましょう。


1. この世にどのように天の御国が到来し、どのような者たちによって妨害されますか(24~25、37~39節)。
- 世でイエス様が良い種を蒔かれるように、天の御国の子らを遣わすことによって御国は到来する
- サタンの蒔く毒麦のような悪い者の子らにより妨害される。

2.イエス様は世に存在する天の御国を妨害する者たちに対し、どのようにされますか。またその理由は何ですか(29~30節、40~42節)。
-イエス様はその場ですぐに毒麦を取り除かず、収穫のときまでともに育つままにしておく主人のように、悪い者たちをすぐに取り除かないで、世の終わりにさばかれます。
- このようにされる理由は、よい麦まで引き抜いてしまうか、つまり、天の御国の子らまで被害を被ることにならないかを心配されるからです。

3.良い種と毒麦のたとえと、その意味の説明の間に、どのようなたとえが提示されていますか(31~33節)。そのたとえの意味は何でしょう。その二つのたとえが麦と毒麦のたとえの中間に位置している理由は何だと思いますか。
- からし種のたとえとパン種のたとえが提示されています。小さく見えないものが大きな結果をもたらすというたとえです。
- この二つのたとえが真ん中にあることは、麦と毒麦のたとえと関係があり、人々に考えさせるためです。
- 天の御国の子どもたちは悪い者の子たちから妨害と攻撃を受けますが、それでも天の御国はからし種が大きく育ち、鳥たちが枝に巣を作り、パン種が粉を大きく膨らませるように、見えない影響力を持ち、世を変化させることを覚えさせるためです。

4. 麦と同じ天の御国の子らが毒麦と同じ悪い者たちの子らの妨害と攻撃を収穫のときまで耐え忍ばなければならないというみことばから何を感じますか。またその忍耐が世を変えるという教えからどのような考えを持ちますか。

5. イエス様の弟子として生きようとする時、どのような妨害や攻撃を受けますか。そのようなことに遭遇するとき、喜びを持ってそれを忍耐し、これを通して神の国が拡張するという確信を持っていますか。

6.今週、予想される霊的戦いにはどのようなことがありますか。その中で神の御国を拡張していくために私たちが実践すべきことは何でしょうか。


神様が、悪い者の子たちをすぐに滅ぼさない理由は、麦をも一緒に抜き取らないようにするため、つまり私たち天の御国の子らをひとりでも害さないようにするためです。そのため、私たちが世で苦痛を受けるように感じますが、その忍耐と苦痛こそが、神様の愛の証しです。また天の御国は、人の目に目立たない、からし種が鳥たちが巣を作る場所を設け、パン種のように、人の見えないところに入り込んで世をひっくり返す力となります。今、私たちが受けている霊的葛藤と忍耐を通して今も神の国は世の中で広がっていることを信じなければなりません。私たちが担うべき苦痛とは何か、そのすべてのことを通して私たちは神様に栄光を帰していることを確信し、喜びを持って一週間の生活を歩みましょう。

目録