Korean | English | Japanese     
   
 
 
    Home > 小グループ聖書勉強のガイド    
 
Go and Make
disciples
of all nations!
   
 
  国際弟子訓練院
  弟子訓練とは
  弟子訓練 α&Ω
  セミナー
  図書及び資料
  掲示板
小グループのガイド

月刊QT誌(日ごとに湧く泉)の 小グループ聖書勉強のテキストとガイドが見られます。


日付 題目 お名前 投稿数
2016-07-04 2016年 7月号 1週次 365qt 814
神様のみことばに対する態度
創世記 37:1~11

聖書は神様のみことばであり、礼拝のときに語られるみことばは、人を通して語られる神様のみこころです。神様のみことばに耳を傾ける姿勢が、専門家や資産家の話に耳を傾けるほど真剣でないクリスチャンを目にします。聖書を片手に取り、日曜日の礼拝に参加しているものの、神様のみことばをおろそかにしたり、みことばを拒んだりする言動は、深刻な問題といえます。今日のみことばには、神様のみことばを否定したいり、拒んだりする人が登場します。彼らの態度を見て、わたしたちが神様の御前で取るべき姿勢について考えてみましょう。

1. ヨセフと兄弟の関係はどうですか。その理由は何ですか(2b~4節)。
-彼の兄弟たちは、ヨセフを憎み、悪口を言いました。ヨセフは兄弟たちの悪いうわさを父に告げていた。ヤコブはヨセフを他の兄弟たちよりも愛していた。

2. ヨセフはどのような夢を見ましたか(7, 9절)。その内容を聞いた兄弟と父親の反応はどうですか(8、10節)。
-ヨセフが見た夢はふたつあり、ふたつとも似ていた。ヨセフが真ん中に立っていて、束がおじぎをしたり、星が伏し拝んだりした夢である。兄弟たちは、ヨセフが自分たちの王となり、彼らを治めることを意味する夢であることに気づいた。このことでヨセフを憎み、ヤコブも彼をしかった。

3. 当時は神様が夢を通してみこころを示されました。ヤコブと彼の息子たちもそのことを認めていました。それなのに、ヨセフの兄弟たちがこのような態度を取った理由は何だと思いますか。もし、ヨセフが一番年上であったり、兄弟からも愛されていたりしていたら、どうだったでしょうか。
-年下の弟が、兄弟と父母を治めるという内容の夢だったので、既成の秩序をくつがえすことであった。昔からヨセフに対する感情が悪かったうえに、彼が神様の権威を後ろ盾にして自分を高くしようと兄弟たちは思ったからである。

4. もしヨセフの兄弟が、夢が神様の啓示でなければ、激怒する必要もなかったことでしょう。神様のみこころであることを知りながらも怒り、夢が実現しないようにと抵抗する姿(参照・37:19~20)と、あなたが神様のみことばに対する態度とを比べてみて、何を感じますか。
-神様の御声に従いますと言いながらも、既成の価値観や既得権にあわなければ反発することはないか、みことばではなく、それを伝える人によって態度が変わらないか、感じたことを分かち合う。

5. 神様のみことばに対するときに、既成の価値観、権力、政治的な立場、経済的な利害関係、教える教師や説教者との人間的な関係などに影響されず、純粋な気持ちで耳を傾けているでしょうか。

6. 個人的な感情や利害関係に振り回されず、神様のみことばに素直に耳を傾け聞き従うために何ができるでしょうか。みことばに聞き従うために、何ができるでしょうか(参照・使 17:11)。

ヨセフの兄弟から見れば、ヨセフがそのような夢を見る資格も、それを語る資格もありませんでした。
しかし、彼らが神様の啓示に対する姿勢は、明らかに間違っています。彼らは後に神様に辱められます。神様のみことばを聞いて学ぶときは、幸せで喜ばしいことだけではありません。なぜなら、人は誰でも神様の目に罪人として映っているからです。ときに、みことばを教え、語る人がそうする資格がないように感じることがあります。しかし、その人は神様のみことばを語っているのであって、もし資格のある人だけが神様のみことばを伝えられるのであるとすれば、誰もみことばを口にすることができない現実を受け入れなければなりません。神様のみことばは、そのまま受け入れるのに値するものです。また、みことばに聞き従うべきものであることを認めましょう。


目録